枯木猿猴図の謎 後編  10/29/'10
  枯木猿猴図の謎 前編 
  にしん釜のはなし
  コロッケとソース
  高岡銅像物語
  加賀の醤油はなぜ甘い
 
加賀の醤油はなぜ甘いのか。どうでもいいようなこの疑問に、真剣に取り組んだ長兵衛、入魂の作。
  越中高岡もてなし料理
  古城万華鏡T
    古城万華鏡U
    古城万華鏡V
    古城万華鏡W
    古城万華鏡X
 
加賀藩2代藩主前田利長によって築かれた高岡城。築城設計は高山右近であったという。高岡城まつわる様々なエピソードをオムニパス形式で紹介。
  長兵衛、キリシタン料理を食す
 
能登半島七尾市本行寺。このひなびた山寺に伝承される南蛮正月膳なる料理は、加賀キリシタンたちの行事食だという。その実態や如何に。
  綿商人の町高岡
 
幕末期に活躍した高岡の綿商人たち。彼らのバイタリティ溢れる行動から、高岡商人の不撓不屈の魂を読む。
  高岡マップ
 
高岡観光の手引きに御活用ください。
  富山みそのルーツを探る
 
富山湾の豊かな魚介類を見事にいかす富山の味噌。味噌は古来からの富山湾沿岸交流により育まれたものだった。手作り味噌の実践例も紹介。
  室屋ってなに?
 
近世からの屋号が今も生きているタイムカプセルのような町、高岡。その高岡で藩政時代から230年間にわたり、こうじ・味噌・醤油を販売してきた山元醸造のこだわりとは。
  歴史資料館
 
山元醸造の残る昔懐かしい道具類を紹介。
  木桶仕込み保存会
 
長い年月にわたって活躍していた木桶たち。木桶仕込みはなぜ優れているのか、木桶への愛着を交えながら伝えます。
  御用水
 
水の恩恵に感謝しつつ、近所の有磯正八幡宮の御用水を紹介。