鮎の塩焼き
神通川・庄川の清流は鮎の好漁場です。毎年6月下旬ごろ鮎漁が解禁になると川瀬には釣竿を垂れる太公望たちの姿が見られ、夏の訪れを感じさせます。鮎は塩焼き。最もおいしい食べ方だと思います。
■材料■

鮎、塩 適宜

■作り方■
1) 鮎全体に塩を振り、尾・ヒレには化粧塩をよくすりこみます。
2) 鮎をうねらせるように串を打ち、泳いでいるように見せます。
3) 付け汁は、だて酢を作る場合もありますが三杯酢にみりん・砂糖・酒を加え甘めのものを作ります。
| 戻る |