ブログ

寒仕込み用のお米を収穫しました

無事、今年もお米の収穫が終わりました!

ヤマゲンでは3年前から富山の米農家・関野さんと米作りをしています。
関野さんはとてもまじめな農家さんで、休みなしで田んぼの手入れをしてくださっています。
栽培に選んだお米は、富山県てんこもり米
昨年度は特Aを獲得した、とてもおいしい品種です。

そして、このお米は1月の寒仕込みに使用する特別米。
できるだけ遅い時期に収穫できる品種をということで、てんこもりに決まりました。

今年は5/27に田植えを行い、10/11,14に収穫を行いました。
今回は、収穫の様子をレポートしたいと思います。


どっしりとしたきれいな稲穂です。


お米が大好きな弊社社長も大喜びです。


コンバインで刈り取りをしていきます。


運転操作は左手のレバーで。進行方向に倒すと前進し、逆方向に倒すと後退します。
簡単に見えますが、右手では刈り込みの深さなどの調節をするので、難しいです。(免許も必要ですよ!)


籾(もみ)が満タンになるとランプが点灯します。


籾をコンテナカーに移送します。


どんどん出てくるので、均しながら。


均一で、きれいな黄金色です。
精米するのが楽しみです。

田植えをしてから、台風がきたり、日照不足の問題があったり、今年はとても心配していましたが(農家さんの心配とは比になりませんが)、関野さんの細やかな手入れのおかげで、昨年と遜色ないおいしいお米ができました。
関野さん、ありがとうございました&お疲れ様でした!

実は私にとっては田植え~稲刈りを自分の目でみて、肌で体験するのは初めてのことでした。

その中で、関野さんからは「土壌作り」の話も伺いました。

「その土壌ごとに必要な手入れの方法は全く異なる。」
例えば、肥料が変われば、土壌の微生物バランスが変化し、生み出される栄養素も変化する。
その栄養素を吸収しながら育ったお米の味は当然変化していく。

よく考えてみると当たり前のことなのですが、農業をイメージしたときにはどうしても作物(土から上)のほうにばかり意識がいってしまい、土壌について考えることは今までありませんでした。
この話を聞いて思ったのは、米作りも味噌作り、そっくりだな、ということです。
土壌作りは、みそでいう糀作りに似通った部分があります。
みそを作るときにも糀というベースを整えなければ、独特の香りや味を生み出す酵母や乳酸菌が育ってくれません。
そしてそのベース作りの条件は一概には言えず、気候・水・蔵つき酵母(土壌の場合は土つき酵母?)などの条件によって多種多様。
その土壌や蔵に合った方法を模索していくことで、よりおいしいものを生み出していける、という点で農業や発酵業は共通していると感じました。
というわけで、お米作りないしは農業に非常に興味がわいてしまいました。
土壌作りのレポートもそのうちできるようにしたいと思います。

次にこのお米にお目にかかるのは寒仕込み本番の1月。
ヤマゲンでも寒仕込みの準備が着々と進んでいます。

■■□―――――――――――――――――――□■■
このお米が使われている商品は以下です。

天然醸造みそ 350gカップ
天然醸造みそ 1.2kg

14歳の挑戦~手前味噌作りに挑戦~

こんにちは。蒸し暑い日が続きますね。
昨日から富山では久しぶりに大雨が降っています。

もう2週間前になりますが、弊社にインターンシップ生がやってきました。
『14歳の挑戦』で山元醸造を希望してくれた高岡西部中学校2年生3名です。

高岡市では中学2年生になると皆1週間の職場体験をします。
皆さんの地域にも同じような行事はありますか???

山元醸造では、毎年『14歳の挑戦』の受け入れを行っており、『味噌の桶縛り』をマスターしてもらっています。
みその桶縛りはなかなか難しいのですが、なんと今年は1日でほとんどマスターしてしまったとか・・・!

味噌の桶縛り、完成図はこんな感じ。

そして最後のイベントが『手前みそ作り』。
熟練のみそ職人 工場長と、こちらも味噌作り歴の長い藤田さんが先生です。

14歳の挑戦~手前味噌作り~

米こうじと塩をよく混ぜて(塩切り麹)

大豆と煮汁を加えてさらに混ぜる。


混ぜムラがあるとおいしくなくなるよ、と言ったら、皆がんばって混ぜていました。

空気を抜きながら桶に詰めて

 

今回マスターした桶縛り!


いつもの桶(2kg)の倍の大きさ(4kg)です。難しいね!

ラベルを貼って完成

 
一応顔出しNGとのことで・・・
みんな4kg桶にぎっしり詰めたので、最終的に6kg近くになってしまいました。
発酵途中で溢れ出さないか心配ですが、ひとまず完成!桶縛りも完璧です。

1か月後に様子を見てみてね、ということで持ち帰ってもらいました。
1週間お疲れ様でした!

手前味噌体験、喜んでもらえたらいいなと思います。

 

余談ですが、富山県では小学6年生で皆、立山登山を経験するという文化もあります。
そうです、日本で富士山の次に高い、あの立山です。
県外の方からは「小学生で3015mも登るの!?」と驚かれます。
江戸時代から、越中の男性は立山登山をしなければ成人と認められなかったそうですよ。
富山県の義務教育には、今もそれが引き継がれているのです!

山元醸造です。

こんにちは、富山県高岡市の味噌醤油屋、山元醸造(ヤマゲン)です。
今年はおかげさまで、創業245年を迎えることができました。
これを機にホームページリニューアルを行い、ブログも開設しました。

ブログの中では、
四季折々の歳時記や、発酵・発酵食品にまつわるウンチク話、
富山・高岡の美しい場所や文化の紹介、歴史紹介、商品開発秘話、社員のバトンブログなどなど
楽しくて、役に立つ内容を発信いきたいと思います。

これからどうぞよろしくお願いします!

だいち・めぐみ